申し訳ありませんが、まだデータがありません。

ナット


しかし塗料にも寿命があり、ゆっくりとですが劣化していきます。塗料にもよるのですが、一般的に5~10年で状態が悪くなります。

塗料の状態が悪くなると、外壁を守ることができなくなります。すると再び雨漏りや水漏れの可能性が出てきます。
そのため外壁塗装は、定期的におこなう必要があります。定期的に塗装することで、外壁はもちろん、その建物自体を守ることができます。見た目の美しさも、快適な暮らしも守られるのです。

工事道具

外壁塗装とは、文字通り建物の外壁に塗料を塗ることです。

外壁は、常に外気にさらされています。そのため風雨の影響を受けやすく、劣化しやすいです。最初は美しい状態でも、徐々に汚れやカビが付着したり、日光によって収縮してひび割れたりします。すると、家全体が汚れて見えるようになりますし、ひび割れた部分から雨漏りや水漏れが起こったりします。
それを防ぐためにおこなわれているのが、外壁塗装です。塗料を塗ることで、外壁の耐久性をアップさせるのです。

塗料を塗ることによる効果
塗料には、防水や防カビの効果があります。さらに気温の変化によって伸縮するので、日光によるひび割れはあまり起こりません。

したがって外壁に塗ることで、外壁にカビが生えることを防ぐことができます。つまり美しい見た目を保つことができるということです。さらにひび割れた部分に塗ることで、そこをふさぐことができます。当然そこからは、水が入り込まなくなります。つまり外壁塗装には、雨漏り修理や水漏れ修理の効果もあるということです。

工具

住まいの修理で以外にも多いのが雨漏りや水漏れ修理への対応です。雨漏りは相当老朽化した住宅にしか発生しないと考えているのは大きな間違いです。実際は建物の劣化に加えて、その他の要因が複雑に関連している様です。雨漏り修理する部分だけではなく、その他の部分も大掛かりな補修になってしまう場合がある。業者に雨漏りの原因を調べてもらって修理を行なうのが基本です。

水漏れ修理には屋根材の耐久性を高めた塗装も有効です。
足場設置を含めた工事費の費用は一戸建ての場合20万~50万程掛かる様です。

水漏れ原因
水漏れには、見える場所や見えない場所からの水漏れがある。例えば蛇口を閉めても水が止まらない時やトイレの水が止まらないなどの状態は目に見えて原因も分かりやすく自分で修理することも可能です。
しかし壁や天井裏にある給水管やその継ぎ目部分から水が漏れている場合は自分で修理するのは非常に困難なので、専門の水漏れ修理業者に依頼する方が良いです。

普通の住宅では地面から水が漏れることはなかなか起きませんがもし、水道料金が異常に高いなら地面の給水管から水が漏れている可能性があるので、その場合も水漏れ修理業者に依頼すると良いです。

外壁塗装工事
快適な住まいを維持するために必要なメンテンスというと外壁塗装をイメージする方も多いと思いますが、外壁や屋根の塗装というものは建物内部に水の浸入を防いだり、屋根素材や外壁材の耐久性を高めることもある。
雨漏り対策として外壁塗装を行なう場合には、サッシ周辺や外壁材の継ぎ目のコーキングを交換する工事も同時に施工することができる様です。

また工事費用は足場設置やコーキング施工を含めると100万前後の施工費用が掛かる様です。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031